緊急事態宣言の延長を踏まえ今年も昨年に引き続き、個人の所得税と消費税の確定申告期限が4月15日まで1ヶ月間延長されることが決定されました。

e-taxもかなり普及しており、1ヶ月延長する意義はあまり無いように思いますが。

納税は国民の義務であり、不要不急には当たらないとも思いますし、あえて1ヶ月延長することは一種の政治的パフォーマンスでもあるのかなぁと思ったりします。

年金受給者等の高齢者の医療費控除のための還付申告などはe-taxで申告していだだくことはハードルが高いと思いますが、医療費控除こそマイナンバーで所得と医療費の紐付けを行えば確定申告自体が不要に出来ると思います。

私が所属する地区の管轄税務署である東山税務署では明日、明後日と年金受給者の方々向けの相談会が行われます。私も明日は1日従事予定です。

5人の税理士で1人あたり30名の納税者を担当予定です。まあまあハードな1日になりそうです。

緊急事態宣言の最中、さてどのくらいの方がお見えになるでしょうか。