事務所概要

当事務所からのご挨拶

変化の厳しい時代において企業経営は厳しさを増す一方であり、一層の競争力強化が求められています。そのためには迅速かつ正しい経営判断が欠かせません。
そのモノサシとなるものが企業自ら迅速かつ正確に作成する「リアルタイム」での会計帳簿です。それは過去の実績及び予算と「リアルタイムでの実績」との検証を可能にし、会計を経営に生かすことに繋がります。
 過去の結果を素早く分析し、現在の経営へと生かし、そして将来のビジョンへと繋げていくことが企業の永続的発展のためには必要です。
 「リアルタイム会計」は会社の現在地を示してくれます。
 自社の経営状況をリアルタイムで見ることなく経営をすることは、大海原を羅針盤ナシで航海するようなものです。当然、「遭難リスク」が高まります。企業に置き換えると「倒産リスク」です。
 3ヶ月前、半年前、1年前の売上を語る経営者はいないと思います。経営者は今どちらに進むべきか、将来、会社をどういう方向に持っていくかを常に考えておられるはずです。
当事務所は経営方針として、企業の永続的発展のお手伝いをすることを使命とし、そのためには顧問先様とどのように関わっていくべきかを常に考えております。
単に事務代行屋、税金屋ではなく、会社の将来を真剣に考える現経営者や後継者の方々と会計・税務・経営についてのサポートを通して共に未来へ歩んで行ける税理士でありたいと思っております。

代表紹介

福島 一浩

福島 一浩Kazuhiro Fukushima

1975年生まれ。金融機関、一般企業に勤務し、27歳の時に税理士事務所に就職し税理士を目指す。
大阪、京都の税理士事務所で約13年間勤務し、その間に税理士資格取得。
個人の確定申告、法人の決算申告・相続税申告業務から上場会社の連結納税・組織再編業務まで幅広く経験し、2017年8月開業。
敷居の低い税理士をモットーとしており、見た目よりも実際は話しやすいとよく言われます。初回相談は無料ですのでまずはお気軽にお話だけでもお聞かせください(もちろん初回相談のみでも結構です)。

【所属】
近畿税理士会 東山支部所属(第132153号)
(税務支援対策・研究・業務対策委員会副委員長)

近畿税理士会 公益活動対策部員

TKC近畿京滋会洛東支部所属

経歴
  1. 1999年関西大学商学部 卒業
  2. 1999年~2003年地元金融機関、一般企業に勤務
  3. 2004年~2017年7月大阪、京都の税理士事務所に勤務
  4. 2015年税理士試験官報合格(所得税法、相続税法、消費税法)
  5. 2017年08月福島会計事務所 開設

事務所概要

名称
福島会計事務所
代表
福島 一浩 / Kazuhiro Fukushima
設立
2017年8月
取扱分野
創業支援、経営改善(業務改善)支援、相続(争族)対策・相続税申告業務
© 2019 福島会計事務所